addressalign-toparrow-leftarrow-rightbackbellblockcalendarcameraccwchatcheckchevron-downchevron-leftchevron-rightchevron-small-downchevron-small-leftchevron-small-rightchevron-small-upchevron-upcircle-with-checkcircle-with-crosscircle-with-pluscrosseditemptyheartfacebookfolderfullheartglobegmailgoogleimagesinstagramlinklocation-pinmagnifying-glassmailminusmoremuplabelShape 3 + Rectangle 1outlookpersonplusprice-ribbonImported LayersImported LayersImported Layersshieldstartickettrashtriangle-downtriangle-uptwitteruseryahoo

Yeoman vs Sencha Cmd - Sencha UG 勉強会 第19回@大阪

参加申し込みは、こちら からお願いします。

HTML5での開発では以前のHTMLにくらべCSS/JavaScriptのコーティング量が格段に多くなっています。我々システムエンジニアは何をすれば良いのでしょうか?どうすれば効率良く開発でき、品質の高いアプリケーションが作れるのでしょうか。その答えをこのセミナーで見つけ出したいと思います。

多くの処理をブラウザで行うSingle-page Applicaionでは、コーティングのサポートするためにaltJSやCSS Preprocessorを利用します。またコーティングチェックのためにjslint/csslintを利用する、単体テストを行うためにQUnit/Jasminなど様々なタスクを使いこなす必要があります。これらのタスクを効率よく行うためには何かしらのツールを用いる必要があります。 

現在では、新しいプロジェクトを始めるときのスキャッフォルディングから、製品を出荷するときのビルド作業に至るまで、タスクを自動化する統合開発ツールが登場しています。OSSの世界でその名を馳せている統合開発ツールYeoman、Senchaフレームワークの世界ではSencha Cmdがその役割を担っています。
今回は、Yeoman vs Sencha Cmd と題して、この二つの統合環境の角度からWeb Applicationそのもののあるべき姿について理解を深めます。Yeomanの解説には、HTML5WEST.jp代表の村岡正和さんをお招きして熱く語っていただきます。

参加申し込みは、こちら からお願いします。

コンテンツ

• 19:00〜19:15 オープニングトーク

• 19:20〜20:00 Turn of Yeoman 村岡 正和

• 20:10 〜20:50 Turn of Sencha Cmd 中村 久司

(敬称略)

懇親会

終了後、会場近くで懇親会を開催します。およその参加人数を把握するために懇親会の参加アンケートをつけておりますので、そちらで参加表明をお願いします。

参加費

• 無料

懇親会参加の方は当日に集めます。(1,000円程度を予定)

参加申し込みは、ATND BETA からお願いします。


Join or login to comment.

1 went

Our Sponsors

People in this
Meetup are also in:

Sign up

Meetup members, Log in

By clicking "Sign up" or "Sign up using Facebook", you confirm that you accept our Terms of Service & Privacy Policy