• データサイエンティスト実践セミナー 2017 第3回 Big Data University Tokyo Meetup

    イベント&コミュニティスペース dots.

    データサイエンティスト実践セミナー 2017 第3回 Big Data University Tokyo Meetup 参加申し込みは下記サイトからお願いします。 ※Meetupの「参加申し込み」からは申し込めませんのでご注意ください。 https://eventdots.jp/event/616269 2017年の第3回目の Big Data University Tokyo Meetup のテーマは、「データサイエンス特別講演会 - Pythonによるデータ分析の始めかた」です。これからデータ分析をはじめたいという方々向けの内容です。様々なデータサイエンスに関連するトピックを それぞれの分野で活躍されている方々に講演いただきます。 昨年に大変好評を頂きました講演を踏まえ、技術だけではなく、データサイエンスに関わるトピックも講演をします。 アジェンダ 18:45 受付開始 19:00 - 19:10 オープニング Big Data University Tokyo Meetupの趣旨について データサイエンティスト女子部のご紹介 19:10 - 19:55 特別講演 #1 データサイエンティスト特別講演 - 「Pythonではじめるデータ分析 I」 Speaker:DATUM STUDIO / PyLadies Tokyo  真嘉比 愛 広告分析の現場からDATUM STUDIOに入社。基盤構築からデータ分析、コンサルティングまで幅広く手がけている。2014年に女性Pythonistaのための国際団体 PyLadiesの日本支部としてPyLadies Tokyoを立ち上げ代表を務める。社団法人PyCon JP 理事。共著に「Pythonライブラリ厳選レシピ」がある。 19:55 - 20:40 講演 #2 「Pythonではじめるデータ分析 Ⅱ」 Speaker:日本IBM アナリティクス事業部 ITスペシャリスト  田中 裕一 20:40-21:00 クロージング & ネットワーキング セミナー当日は、お名刺をご持参ください。 また、当日受付にて受付番号をお聞きします。受付番号は、申込完了後にdots事務局から送られるメールに記載されています。

  • データサイエンティスト実践セミナー 2017 第2回 Big Data University Tokyo Meetup

    イベント&コミュニティスペース dots.

    データサイエンティスト実践セミナー 2017 第2回 Big Data University Tokyo Meetup 参加申し込みは下記サイトからお願いします。 ※Meetupの「参加申し込み」からは申し込めませんのでご注意ください。 https://eventdots.jp/event/613251 2017年の第2回目の Big Data University Tokyo Meetup のテーマは、「データサイエンス特別講演会 - 位置情報の有効活用」です。様々なデータサイエンスに関連するトピックをそれぞれの分野で活躍されている方々に講演いただきます。 昨年に大変好評を頂きました講演を踏まえ、技術だけではなく、データサイエンスに関わるトピックも講演をします。 2017年のBig Data University Tokyo Meetupもdotsにて開催します! アジェンダ 18:45 受付開始 19:00 - 19:05 オープニング Big Data University Tokyo Meetupの趣旨について 19:05 - 19:50 特別講演 #1 「SilentLogにおけるデータ解析」(仮) Speaker:レイ・フロンティア株式会社 代表取締役CTO 大柿 徹 レイ・フロンティア創業時より、位置情報に着目しARアプリ「ライブスコーパー:LIVE SCOPAR」、ライフログアプリ「サイレントログ:SilentLog」など開発・運用を行う。行動情報を活用したマーケティング、サービスのための SilentLog Analyticsを開発中。機械学習・ディープラーニング・Spark等を活用した開発に従事。 19:50 - 20:30 特別講演 #2 「位置情報データ&Geo処理の活用」 (仮) Speaker:日本IBM アナリティクス事業部 ITスペシャリスト  田中 裕一 20:30-21:00 クロージング & ネットワーキング セミナー当日は、お名刺をご持参ください。 また、当日受付にて受付番号をお聞きします。受付番号は、申込完了後にdots事務局から送られるメールに記載されています。

  • データサイエンティスト実践セミナー 2017 第1回 Big Data University Tokyo Meetup

    イベント&コミュニティスペース dots.

    データサイエンティスト実践セミナー 2017 第1回 Big Data University Tokyo Meetup 参加申し込みは下記サイトからお願いします。 ※Meetupの「参加申し込み」からは申し込めませんのでご注意ください。 https://eventdots.jp/event/611165 2017年の初回である Big Data University Tokyo Meetup のテーマは、「データサイエンス特別講演会」です。様々なデータサイエンスに関連するトピックをそれぞれの分野で活躍されている方々に講演いただきます。 昨年に大変好評を頂きました講演を踏まえ、技術だけではなく、データサイエンスに関わるトピックも講演をします。 2017年初回のBig Data University Tokyo Meetupもdotsにて開催します! アジェンダ 18:45 受付開始 19:00 - 19:05 オープニング Big Data University Tokyo Meetupの趣旨について 19:05 - 19:50 特別講演 #1 Speaker:原田 博植 【タイトル】 「データサイエンティスト特別講演」(仮) 【プロフィール】 株式会社グラフ 代表取締役 原田 博植 シンクタンク、外資ITベンチャーを経て、2012年リクルート入社。 同社の創業事業である人材領域、販促事業、EC事業のデータベース改良やレコメンド施策などを歴任。 2014年業界団体として「丸の内アナリティクス」を立ち上げ主宰。 2016年10月株式会社グラフを立ち上げ。AIを活用した企業データベースの収益化や行動情報を活用したマーケティング施策の立案・実施を事業内容とする。 早稲田大学創造理工学部招聘教授。 19:50 - 20:30 特別講演 #2 Speaker:日本IBM アナリティクス事業部 ITスペシャリスト  田中 裕一 【タイトル】「2017年 改めてApache Sparkとデータサイエンスの関係についてのまとめ」 20:30-21:00 クロージング & ネットワーキング

    2
  • IBM Watson DataWorks 最新テクニカル・セミナー

    コングレスクエア日本橋

    当セミナーでは、データ・サイエンティストとデータ・エンジニア、ビジネス・アナリストが共同作業できる新しいプラットフォーム IBM Watson DataWorksについて解説するとともに、ハンズオンを体感していただきます。 当セミナーは Meetup サイトからはお申し込みできません。下記サイトからお申し込みください。 https://www-01.ibm.com/software/jp/events/analytics_watson_dataworks/index.html 当セミナーは会場設置のWi-Fi環境によるハンズオンを主体とします。当日はご自身のPCをハンズオン用にお持ちください。また、電源の数に限りがありますので事前の十分な充電をおすすめします。ハンズオンには「IBM Data Science Experience ベータ版(無料)」を使用します。下記サイトより、事前にSing up登録してくださるようお願いいたします。 http://datascience.ibm.com/ なお、ハンズオン用のサンプルコードは全て会場で提供いたします。セミナーの内容上 PythonやJupyter Notebook についての知識があると、より効果的にご理解いただけます。 アジェンダ 1. 13:00-13:50 基幹業務としてのデータ・サイエンスを実現する IBM Watson DataWorksの全貌 日本アイ・ビー・エム株式会社 土屋 敦 データ収集から分析までの流れをパターン化しデータ鮮度を重視した仕組みを実現する、 オープンソースをベースとした次世代のクラウド型データ分析プラットフォームIBM Watson DataWorksのテクノロジーについて、 そのユース・ケースとともに解説します。 2. 14:00-15:20 データサイエンスの実践的な体験~チームによるデータ・サイエンスの実践をSpark活用による機械学習入門とともに 日本アイ・ビー・エム株式会社 貝嶋 創 IBM Watson DataWorksの重要な要素であるData Science Experienceは、単なる分析開発ツールではなく、 学ぶ・作る・共創を促進することができます。 Data Science Experienceを利用して、データベースからデータを取得し機械学習や分析をチームで行う方法までをご体験いただきます。 3. 15:40-17:00 スペシャル・ハンズ・オン~Pythonで試してみるディープ・ラーニング 日本アイ・ビー・エム株式会社 田中 裕一 昨今、人工知能関連で最大の話題であるDeep Learningを、Pythonを使って実装する方法について体験していただくハンズ・オン・セッションです。データを自在に活用する新しい方法を体験してください。 4. 17:00-17:30 Q&A

    4
  • データサイエンティスト実践セミナー Big Data University Tokyo Meetup #10

    イベント&コミュニティスペース dots.

    データサイエンティスト実践セミナー Big Data University Tokyo Meetup #10 参加申し込みは下記サイトからお願いします。 (Meetupの「参加申し込み」からは申し込めません。) https://eventdots.jp/event/605041 第10回 Big Data University Tokyo Meetup のテーマは、「データサイエンス特別講演会」です。様々なデータサイエンスに関連するトピックをそれぞれの分野で活躍されている方々に講演いただきます。 今回は、技術的な内容よりもデータサイエンスに関わるトピックを中心に講演をします。年内、最後のBig Data University Tokyo Meetupもdotsにて開催します! アジェンダ 18:45 受付開始 19:00 - 19:05 オープニング Big Data University Tokyo Meetupの趣旨について 19:05 - 19:50 特別講演 #1 Speaker:原田 博植 【タイトル】 「データサイエンティスト特別講演」(仮) 【プロフィール】 株式会社グラフ 代表取締役 原田 博植 シンクタンク、外資ITベンチャーを経て、2012年リクルート入社。 同社の創業事業である人材領域、販促事業、EC事業のデータベース改良やレコメンド施策などを歴任。 2014年業界団体として「丸の内アナリティクス」を立ち上げ主宰。 2016年10月株式会社グラフを立ち上げ。AIを活用した企業データベースの収益化や行動情報を活用したマーケティング施策の立案・実施を事業内容とする。 早稲田大学創造理工学部招聘教授。 19:50 - 20:20 特別講演 #2 Speaker:中林 紀彦 【タイトル】 「データサイエンティスト組織の作り方を考える」(仮) 【概要】 企業のデータ活用を推進する立場と大学で人材を育成する立場の両面から、データ活用の戦略にもとづいたデータサイエンティスト組織の構想、採用、人材育成についての考え方をお伝えします。 【プロフィール】 SOMPOホールディングス株式会社 デジタル戦略部 データ戦略統括 / チーフ・データサイエンティスト 中林 紀彦 2002年、日本アイ・ビー・エム株式会社入社。データサイエンティストとして顧客のデータ分析を多方面からサポートし企業の抱えるさまざまな課題をデー タやデータ分析の観点から解決する。また、エバンジェリストとしてビッグデータをビジネスに活用することの価値を幅広く啓蒙。株式会社オプトホールディン グ データサイエンスラボの副所長を経て2016年より現職。重要な経営資源となった”データ”をグループ横断で最大限に活用するためのデータ戦略を構築し実 行する役割を担う。また2014年4月より、筑波大学大学院の客員准教授としてデータサイエンスに関して企業の即戦力となる人材育成にも従事する。 20:20 - 20:50 特別講演 #3 Speaker:日本IBM アナリティクス事業部 ITスペシャリスト  田中 裕一 【タイトル】「エンジニアからみた機械学習」(仮) 20:50-21:00 クロージング&ネットワーキング Big Data University Tokyoミートアップの今後について

    1
  • データサイエンティスト実践セミナー Sparkによる機械学習とディープ・ラーニング

    データサイエンティスト実践セミナー Sparkによる機械学習とディープ・ラーニング Big Data University Tokyo Meetup #9 参加申し込みは下記サイトからお願いします。 (Meetupの「参加申し込み」からは申し込めません。) https://eventdots.jp/event/602131 今回の第9回 Big Data University-Tokyo Meetupでは、Sparkを活用した機械学習とディープ・ラーニングについて、デモやハンズ・オンを交えて解説します。すぐに試せるNotebook  (WebブラウザからのGUI操作による、コード実行、グラフ描画、コメント記述が可能なモジュール) も配布いたします。 1. 19:00-19:40 Spark活用による機械学習入門 Sparkを活用した機械学習は、ブラウザさえあればすぐに始められます。実際に分析で活用されているNotebookをもとに、その手順について解説します。あわせて、チームでデータサイエンスを実践するためのツールについてもご紹介します。 Speaker: 日本アイ・ビー・エム株式会社 貝嶋 創 2. 19:40-20:20  (仮)Sparkで試してみるディープ・ラーニング 昨今、人工知能関連で最大の話題であるDeep Learningを、Apache Sparkを使って実装する方法について体験していただくハンズ・オン・セッションです。 Speaker: 日本アイ・ビー・エム株式会社 田中 裕一 3. 20:20 - 20:45 ネットワーキング・タイム(講師とのQA & 懇談)

    6
  • Twitterデータ分析入門 - Big Data University Tokyo Meetup #8

    Twitter Japan株式会社

    第8回 Big Data University Tokyo Meetup のテーマは、「Twitter データ分析入門」です。BluemixとData Scientist Workbench を使って、Twitter データを読み込み、分析する手順を具体的に解説します。今回の会場は、ネットでも「Cool!」と評判の Twitter Japan セミナー会場です。 --------------------------------------------------------------------------- 場所:Twitter Japan株式会社 東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン 19F ※3FオフィスロビーのTwitter ロゴのある特別受付にて⼊館証の発⾏を受けた後、エレベーターで19Fまでお越し下さい。 ※入館証発行に際し、ご本人様のお名刺一枚とお申し込み確認メールのプリントアウトが必要となります。お申し込み確認メールのプリントアウトをお持ちください。 --------------------------------------------------------------------------- • アジェンダ 18:45 受付開始 19:15 - 19:25 オープニング Speaker:日本IBM Analytics事業部 テクニカル・リード 土屋 敦 Big Data University Tokyo Meetupの趣旨について 19:25 - 20:25 Jupyterノートブック(Spark)でTwitter Appから取得したTweetデータを分析 Speaker:日本IBM ITスペシャリスト 宋 珠憲 Twitter Appを生成してtweetsデータを取得し、Jupyter(Spark Stream)ノートブックとBluemixサービスのWatson Tone Analyzerを使ってLive Tweetの分析を行います。Twitterデータ分析における一連のデータ取得、Stream処理、ノートブック上でのクエリを実行するまで、簡単にできることを説明します。 20:25 - 20:30 休憩 20:30 - 21:10 Twitterおよびニュース記事のクラスタリング分析 Speaker:日本IBM アナリティクス事業部 ITスペシャリスト  田中 裕一 Twitterやニュースにおける本文テキスト情報のクラスタリング分析についてのデモ。APIを通したデータの読み込みから、NoSQL DBへの保管、形態素解析、Spark上でのクラスタリング分析までのステップを、BluemixとNode-Redを活用して説明します。 21:10-21:15 クロージング 次回Big Data University Tokyoミートアップのお知らせ Speaker:日本IBM Analytics事業部テクニカル・リード 土屋 敦

    9
  • データサイエンティスト実践セミナー  Python/Sparkで始める分析の実際

    イベント&コミュニティスペース dots.

    Big Data University Tokyo Meetup #7 データサイエンティスト実践セミナー  Python/Sparkで始める分析の実際 参加申し込みは下記サイトからお願いします。 (Meetupの「参加申し込み」からは申し込めません。) http://eventdots.jp/event/596780 データサイエンティストの間で人気が高まっているSpark。データをインメモリで高速に処理できるSparkを使うと、大規模なデータを扱う際にもストレスなく分析できます。 今回の第7回 Big Data University-Tokyo Meetupは、7/29に開催した第6回Meetupの続編です。Datapalooza Tokyoで発表されたコンテスト「人工知能は名刺をどこまで解読できるのか」で使用できるPythonによる解析手法について紹介します。 また、詳解Apache Spark (技術評論社)」の共著者が、Sparkの勘所についても解説します。 アジェンダ 1. 19:00-19:10 オープニング 本Big Data University Tokyo Meetupの趣旨についてご説明します。 Speaker: 日本アイ・ビー・エム株式会社 土屋 敦 2. 19:10-19:40 ディープラーニングで名刺を解析する-Python編- クラウド名詞管理でおなじみのSansan社のスペシャリストが、ディープラーニングによる名刺画像の、Pythonによる解析手法について解説します。 Speaker: Sansan 株式会社 高際睦起、江崎日淑 3. 19:40-20:25 「詳解Apache Spark (技術評論社)」の共著者が語るApache Sparkの勘所 Spark エキスパートが、その使いどころと分析への適応を余すところなくお伝えします。 Speaker: 日本アイ・ビー・エム株式会社 田中 裕一 4. 20:25-21:00 ネットワーキング・タイム(講師とのQA & 懇談)

  • データサイエンティスト実践セミナー Python/Sparkで始める分析の実際

    イベント&コミュニティスペース dots.

    Big Data University Tokyo Meetup #6 今回の第6回 Big Data University-Tokyo Meetupでは、6/16のDatapalooza Tokyoで発表されたコンテスト「人工知能は名刺をどこまで解読できるのか」の概要や応募方法について紹介します。 Python/PySpark ベースのハンズオンを通して、このコンテストで使う画像解析や機械学習について具体的に学びます。また、Sparkによる機械学習の基本についても解説します。 参加申し込みは下記サイトからお願いします。(Meetupの「参加申し込み」からは申し込めません。) http://eventdots.jp/event/594398 アジェンダ 1. 19:00-19:15 分析コンペ「人工知能は名刺をどこまで解読できるのか」開催概要 クラウド名刺管理サービスを展開するSansan社主催の、名刺レイアウトの解析を行う分析コンペについて説明をします。 Speaker: Sansan株式会社 江崎 日淑 2. 19:15-19:45 Python/PySpark で始めるデータ分析の基本~ハンズオン編~ Jupyter NotebookでPython/PySpark を使ったデータ分析の始め方をハンズオンを通して学びます。 Speaker: 日本アイ・ビー・エム株式会社 貝嶋 創 3. 19:45-20:00 Jupyter NotebookでPython/Scikit-learnを使った画像処理の基本 名刺レイアウトの解析を行う分析コンペに必要な画像処理について、Python/Scikit-learn でどのようにできるのか?の説明をします。 Speaker: オプト・ホールディング株式会社 中林 紀彦 4. 20:00-20:30 Sparkの基礎とSparkによる機械学習の基本 Sparkの最新情報とSparkを使った機械学習の基本をお伝えします。 Speaker: 日本アイ・ビー・エム株式会社 土屋 敦 5. 20:30-21:00 ネットワーキング・タイム(講師とのQA & 懇談) 参加申し込みは下記サイトからお願いします。(Meetupの「参加申し込み」からは申し込めません。) http://eventdots.jp/event/594398

  • データサイエンティストのための Spark 実践セミナー

    イベント&コミュニティスペース dots.

    データサイエンティストのための Spark 実践セミナー Big Data University Tokyo Meetup #5 データサイエンティストの間で人気が高まっている Spark。データをインメモリで高速に処理できるSparkを使うと、大規模なデータを扱う際にもストレスなく分析できます。 今回の第5回 Big Data University - Tokyo Meetupでは、技術評論社刊「詳解Apache Spark」の共著者がクラウド上でSparkを使う方法を解説します。また、合わせて、6/16 のDatapalooza Tokyo で発表されたコンテスト「人工知能は名刺をどこまで解読できるのか」の概要や応募方法について紹介します。 お申し込みは下記サイトからお願いします。 (Meetupの「参加申し込み」からは申し込めません。) http://eventdots.jp/event/593031 アジェンダ 1. 18:30-19:00 分析コンペ「人工知能は名刺をどこまで解読できるのか」開催概要 クラウド名刺管理サービスを展開するSansan社主催の、名刺レイアウトの解析を行う分析コンペについて説明をします。 Speaker: Sansan 株式会社 取締役 CISO/CSIRT 主管 常樂 諭 2. 19:00-19:30 Data Scientist Workbenchの活用方法の基礎~ハンズオン編~ DSWBの基本機能からSpark連携までを体験頂けます。 Speaker: 日本アイ・ビー・エム株式会社 貝嶋 創 3. 19:30-20:15  「詳解Apache Spark (技術評論社)」の共著者が語るApache Sparkの勘所 Spark エキスパートがSpark の使いどころ、分析への適応を余すところなくお伝えします。 Speaker: 日本アイ・ビー・エム株式会社 田中 裕一 4. 20:15 - 20:45 ネットワーキング・タイム(講師とのQA & 懇談) お申し込みは下記サイトからお願いします。 (Meetupの「参加申し込み」からは申し込めません。) http://eventdots.jp/event/593031