Spring Charity Event feat. musical guest Mah-Ze-Tar

Are you going?

3 people going

Share:
Location image of event venue

Details

来たる4月7日(日)、大阪 C Flatにて、CAREも一緒に参加させて頂きます、ミュージックイベントが開催されます!

Upcoming April the 7th 19:00~21:00, the music event will be held at C Flat in Osaka! We CARE will be fortunately participating it too! We hope to see you guys there as well:D

☆Free Entry (Donations accepted)
入場無料 (寄付を募集)

☆CARE stands for Children, Activity, Relationship, Enjoy!
CARE is a non-profit international volunteer group to support children, working
mothers and people from diverse backgrounds. We host various kinds of fun
activities to support people to become happier and healthier.www.care-volunteer.com

CAREはインターナショナルな環境で、子どもさん、働くママさん、マイノリティ
(多様な背景をお持ちの方々)をサポートすることを目的としたボランティアグ
ループです。
CAREはChildren (子ども)、Activity(活動)、Relationship(つながり)、Enjoy(楽しむ!)
の略です。
CAREの事業をとおして、上記の方々がより健康で幸せに暮らすことができ、笑顔が
あふれる社会の実現に貢献します。

www.care-volunteer.com
www.facebook.com/carevolunteergroup

☆Mah-Ze-Tar
(マ・ゼ・ター)

mahzetar.com
facebook.com/MazKarandish
instagram.com/maz_sb

音楽に人生を捧げています。ボーカリストでありインド古典音楽のラーガ、アラビア音楽のマスカム、西洋音楽のジャズとオペラまでをマルチにこなすミュージシャンで、幼少の頃から広範囲に渡り様々な民族音楽(ワールドミュージック)を研究して来ました。彼は、音楽の多種多様な形式と楽器を融合させながら歌で自分自身を表現するのが特徴で、主に、北インド、ペルシア、トルコ、ギリシャなどの中近東/中東の音楽にフォーカスし、インドの古典音楽のボーカルスタイル、イランの古典音楽のRadifの理論、などの伝統音楽に深く傾倒しています。
彼のデビューアルバム「Liquid Lotus」は、インド/ペルシア/フラメンコや他の民族音
楽のエッセンスなどのボーカルとともに数々の伝統楽器と電子音楽を融合し、今まで聞い
た事のないような新しいスタイルであり、リスナー層をも開拓しました。

Mah-Ze-Tar is a devotee of music: A vocalist and multi-instrumentalist covering grounds from Raga, Maqam, and Dastgah to Harmony, Jazz, and Opera. He has been studying music from a very young age and has spent extensive time exploring world music within each of their respective traditions over the past two decades. He utilizes his voice in addition to about a dozen instruments to bring the various forms of music to life.
His first album, “Liquid Lotus” is more of a journey than a set of songs. The album consists of 9 different songs, each pertaining to a particular Indian Raga. He sings in Hindi, Farsi, and English while bringing in vocal textures based on syllables of the ancient Indian Dhrupad tradition.