Past Meetup

トラスト・バリュー・チェーン / Trust Value Chains

This Meetup is past

3 people went

Details

(English below!)

トラスト・バリュー・チェーン

企業がオウンドメディアで成功するためには、(ユーザー)顧客と信頼関係を構築しなければなりません。 信頼を得るためには、UXでも利用されているカスタマージャーニーマップを用いてユーザーに響くコンテンツを作る必要があります。

このセッションでは、スピーカーのマティアスが実践し成功している企業文化を「ボトムアップ」型にするための事例をご紹介いたします。

サイロ化(*1)を解消するための事例とルール造り。 ボトムアップ化の結果、マーケティング、セールス、そしてその他の部門向けのコンテンツがより簡単に そしてより多くのインパクトをもたらすよう制作することができるようになります。

(*1)サイロ化 siloとは家畜の飼料や穀物などの貯蔵庫ないしは弾道ミサイルの地下格納庫のことで、英語では「窓がなく周囲が見えない」という意味がある。ここから、組織が縦割り構造になっていて各業務部門の活動が連動を欠いていることを「サイロ型業務」、コンピュータ業務システムにおいてアプリケーションやデータが部門や個人ごとに孤立していることを「サイロ型システム」「アプリケーション・サイロ」「データ・サイロ」などという。

当プレゼンターについて: マティアス・マールは、言語学とコンピューターサイエンスを研究した後、サイコセラピーの実践を10年以上行ってきました。わずか数分・数秒のうちにさえも信頼関係を構築できることは、セラピストの最も重要なスキルのひとつです。この知識は、コラボレーションを改善し、社員の行動やあり方を見直す手助けをすることで企業のコンテンツワークフロー改善を促進する代理店、ザ・コンテント・シュリンクス (http://shrnks.co)で彼が行っている仕事の一部です。

TRUST VALUE CHAINS

Companies must build trusting relationships with their clients to be successful. To achieve this, they need to create content that conveys trust along the whole customer journey. In this session, Mathias will provide examples and rules to build a trusting company culture “bottom-up” and dissolve silos … with love. In consequence, content for marketing, sales and other departments can be created much more easily and with a lot more impact.

ABOUT THE PRESENTER: After studying linguistics and computer science, Mathias Maul had a psychotherapy practice for ten years. One of the primary therapist skills is building trust in a matter of minutes, or even seconds. This knowledge is part of his work at The Content Shrinks (http://shrnks.co), an agency that assists companies to improve content workflows by improving collaboration and helping people get better at what they do and who they are.