ET2019 「RISC-V特集」2日目2時 :RISC-V用IAR組込みワークベンチ: IAR Embedded Workbench for RISC-V

Details

RISC-Vについてパシフィコ横浜会場で1時間。RISC-V企業のプレゼンを聞き、Q&Aができます。

IARは、1983年にスウェーデンのウプサラで、エンジニアのアンダース・ルンドグレンが8051マイクロコントローラーアーキテクチャ用の世界初のCコンパイラーを開発した時、これを販売することからその歴史が始まりました。以来、IAR社のソリューションは、世界中の組み込みシステム上に構築された何百万もの製品の開発において、品質、信頼性、効率性を確保してきました。現在、150,000人を超える開発者が当社のソフトウェアを使用しています。過去数年間で、IARは業界の主要専門家と強力なパートナーシップを築き、IoTのセキュリティソリューションのリーディングプロバイダーであるSecure Thingzを買収しました。コネクテッド製品の世界で必要なセキュリティを構築しようとしています。

殿下 信二氏は、産業用機器の開発に10年以上携わり、マイコンを使用した組込みシステムのエキスパートとして活躍。2001年にツールメーカー入社後、ICEを始めとするデバッグ支援ツール開発に従事。2010年よりARM認定トレーニングセンタ長としてARMを使用するエンジニアのスキルアップ、サポートに注力。2016年より現職におられます。

IAR’s journey started in 1983 in Uppsala, Sweden with the engineer Anders Rundgren and his launch of the world’s first C compiler for the 8051 microcontroller architecture. Since then, our solutions have ensured quality, reliability and efficiency in the development of millions of products built on embedded systems all over world. Today, over 150,000 developers are using our software. IAR took a step forward when we acquired Secure Thingz, a leading provider of security solutions for the IoT.

Shinji Tonoshita has been involved in the development of industrial equipment for over 10 years and has worked as an expert in embedded systems using microcomputers. After joining a tool manufacturer in 2001, engaged in development of debugging support tools such as ICE. Since 2010, he has been focusing on improving the skills and support of engineers who use ARM as an ARM certified training center manager. Incumbent on this job position since 2016.

Attendees (1)

Go to Attendee List