TDM #36: Content Marketing for Customer Journeys by Jeff Galea

Tokyo Digital Marketers
Tokyo Digital Marketers
Public group

Tri- Edge Ochanomizu Bldg., 10F

東京都千代田区神田駿河台4-2-5 · Tokyo

How to find us

Our location is 3 minutes south of Ochanomizu Station on Hongo-dori. Tri-Edge building entrance is across from the Cathedral. Look for the glass entrance with white tiles. 10F. (Warning: Google Maps shows the rear of the building, not entrance).

Location image of event venue

Details

Hello Digital Marketeers, デジタルマーケターの皆様へ

Our next meetup will be on Tuesday, February 18th at 7pm. Please come and join us at our location at Ochanomizu. The event is open to all people interested in Digital Marketing. 次回お会いするの2月18日火曜日午後7時、会場は御茶ノ水となります。デジタルマーケティングに興味がある方ならどなたでも参加いただけます。是非いらしてください。

First time visitors, please read access info at the bottom of the invite.
初めてご参加の方は、ページ下部のアクセス情報をお読みください。👇

Speaker: Jeff Galea
スピーカー:ジェフ・ガレア

The Event イベントの情報
Title: Content Marketing for Customer Journeys
タイトル:カスタマージャーニーためにコンテンツマーケティング

Description:
Your target audience, most likely, has unlimited access to information, expects to find this information very quickly and tends to be attracted to those brands that offer a personalized experience. As marketers, we continuously have the challenge to create content that truly appeals to our audience and consistently deliver the right message, in the right place at the right time. During this session, we will be exploring why every brand needs to create authentic content, how to come up and map content ideas to a customer journey, and how to create content your audience will love.

イベント概要
あなたがターゲットにしているオーディエンスは、数限りない情報の中から、目当ての情報を素早く探し出すことを期待しています。そして多くの場合、個人に向けて最適化された提案をしてくれるブランドに引き寄せられる傾向があります。
われわれマーケターは、そのようなオーディエンスの特性を理解して、真に魅力的なコンテンツを作り続ける必要があります。最良の場面とタイミングで、継続的に優れたメッセージを届けなければなりません。
今回のセッションでは、あらゆるブランドが信頼できるコンテンツを作らなければいけない理由や、カスタマージャーニーに即したコンテンツのアイデアを生み出して、的確に配置するための方法、オーディエンスを虜にするコンテンツを作る方法について考察します。

About the Speaker
Jeff is on a mission to help businesses reach and connect more effectively with their ideal audience. He does this by strategically crafting marketing messages and presenting them to their prospects at the right time throughout their customer journey.

Jeff is also the founder and managing director of a content marketing agency at Room4Media.com.

プレゼンターについて
ジェフは、複数の企業において、理想的なオーディエンスへのリーチと接触をより効率的に行うための手助けを使命として働いています。潜在顧客のカスタマージャーニーを注視して、最適なタイミングで、綿密に作り上げたマーケティングメッセージを届けることが、彼の方法です。ジェフはコンテンツマーケティングのエージェンシー、Room4Media.comのファウンダー、およびマネージングディレクターでもあります。

Schedule スケジュール

• 7PM: Reception Opens
• 7:15: Casual Conversation, free discussions, introductions
• 7:45: Introduction by Jeff
• 7:45 to 8:30: Presentation by our Speakers
• 8:30 to 9:15: More free discussions
• 9:15: Head The Hub for drinks for "Nijikai"

• 7PM オープン
• 7:45 フリートーク
• 7:15 Jeffによるイントロダクション
• 7:45 to 8:30 ゲストスピーカーによるプレゼンテーション
• 8:30 to 9:15 フリーディスカッション
• 9:15 二次会に移動

Location 場所

The meetup will be held in the cafe of Principle-C Agency in Ochanomizu. Offices are on 10F of the Tri-Edge Building. It's a 3 minute walk south from JR Ochanomizu station, or 2 minute walk from the Shin-Ochanomizu North Exit. The building entrance is across from the Cathedral on Hongo-dori. Look for the white floor tiling and glass entrance.

Warning1: Google Maps shows the rear of the building, not the entrance at the front.
Warning2: The building doors will lock at 8pm. If you arrive after 8pm, please wait for the doors to open as people walk out.

注: ここは新しい場所です。ミーティングルームも新しくなっていることにご注意下さい。 集合場所は御茶ノ水のトライエッジビルの10階、Principle-C Agencyです。JR御茶ノ水駅から南へ徒歩3分、新御茶ノ水駅北口から徒歩2分です。建物のエントランスは本郷通りで大聖堂の向かいにあります。白いタイルの床で、ガラスのエントランスの建物です。

ご注意ください1:Googleマップには、入り口ではなく建物の背面が表示されます。
ご注意ください2:ビルの扉は午後8時に閉まるので、ご注意ください。

Entrance Fee
¥1000 Yen. Just pay at the door.
参加費は1000円です。

Drinks Afterwards 二次会

Also, for those that want to stay late for a "Nijikai", most of us will head over to a near "The Hub" bar next to Ochanomizu Station. There you can relax and ask more questions in a casual environment.

「二次会」にご参加頂ける場合、近くのバーかパブへ行く予定です。カジュアルな雰囲気でリラックスしてご質問して頂けると思います。