過去のMeetupイベント

第121夜【『愛するということ』エーリッヒ・フロム×みんなの読書会】「愛」の古典的名著を、翻訳者・鈴木晶先生と。2月27日(水)

このイベントはすでに開催されました

7人が参加しました

詳細

「愛は、誰もが生まれながらに持っているものではなく、学ぶべきものだ」
あなたは、この言葉にドキッとしましたか?

エーリッヒ・フロム『愛するということ』は、日本でも多くの著名人や読者に読み継がれてきた名著。

今夜の「みんなの読書会」は、本著の翻訳者であり、1月に刊行された
『フロムに学ぶ「愛する」ための心理学』の著者である鈴木晶先生をゲストにお招きし
「愛」について語り合います。

いまだからこそ、読み価値がある。
ぜひご参加ください!

※会場には限りがございます。
上限数に達した場合はお申込みを締め切らせて頂くことがございます。
御理解のほど、よろしくお願い致します。

<課題作品>

書名:『愛するということ 新訳版』(紀伊國屋書店)
著者:エーリッヒ・フロム(著) 鈴木 晶(訳)
発売:1991年3月
本体:1,262円
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784314005586

【内容紹介】
人間砂漠といわれる現代にあり、〈愛〉こそが、われわれに最も貴重なオアシスだとして、その理論と実践の習得をすすめた本書は、フロムの代表作として、世界的ベストセラーの一つである。

◆各界の方々からのメッセージ
杏(モデル・女優)
「愛」を、学術的に学ぶ本。
解剖・分解され、構築される愛のメソッド。
本能として持ち合わせた愛を、いったいどれだけ言葉で表せるのだろう。
愛されるのではなく、愛する技術とは? 生きるためのヒントがつまっている。

姜尚中
愛に飢えながら、愛を語りえないわたしたちの不幸。それは、愛が歪んだナルシシズムと利己心の別名になっているからだ。
愛するということは、自己への信頼と他人の可能性への信頼にもとづく最も人間らしい技術にほかならないことを知ったとき、愛は輝きを増し、そしてわたしの希望となった。本書によってわたしは救われたのだ。


書名:『フロムに学ぶ「愛する」ための心理学』(NHK出版新書)
著者:鈴木 晶(著)
発売月:2019年1月
本体:780円
https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000885732019.html

【内容紹介】
「恋に落ちる」という最初の体験と「愛している」という持続的な状態を混同してはいけない。愛は、誰もが生まれながらに持っているものではなく、学ぶべきものだ──。アドラーの「勇気」からフロムの「愛」へ。世界的ベストセラー『愛するということ』の翻訳者が、フロム心理学の奥義を極める。

※上記の①②作品のうち、1作品以上を読んでご参加ください。

<ゲスト>
鈴木 晶(すずき しょう):
1952年、東京生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。法政大学名誉教授。専門は文学、精神分析学、舞踊学。著書に『フロイト以後』(講談社現代新書)、『フロイトからユングへ』(NHKライブラリー)、『ニジンスキー 神の道化』(新書館)他多数。訳書にフロム『愛するということ』(紀伊國屋書店)、キューブラー・ロス『死ぬ瞬間』(中公文庫)、ゲイ『フロイト』(みすず書房)、『ニジンスキーの手記』(新書館)他多数。

<企画の詳細>
・日時:
2019年2月27日(水)20時~22時頃まで
※開場は19時30分~

・場所:
ROUTE BOOKS(※会場は貸切です)
東京都台東区東上野4-14-3 Route Common
TEL:03-5830-2666

JR上野駅 入谷改札→入谷口から徒歩5分

MAPアクセスはこちらから↓↓
https://goo.gl/mgUev1

店舗HP
http://route-books.com/

<当日の流れ>
19時30分 受付開始
20時00分 第1部:読書会
※5人グループに分かれてグループディスカッション

課題本:
『愛するということ 新訳版』または
『フロムに学ぶ「愛する」ための心理学』

第2部:イベントトーク
ゲスト:鈴木晶先生

Q&A

終了

・参加費:
2,000円(1人)
会場費+飲食代(※)となります

※バドワイザー、ハイネケン、コーラ、ジンジャエール等からワンドリンク

<参加するには>
Facebook・Peatix・mixi・Meetup いずれかからお申込みください

なお、他の参加メンバーに対し、商品等を販売・斡旋しようとしたり、
読書会とは関係のないビジネスへ勧誘したりするなどの目的での参加は認めておりません。

<当日の注意事項>
イベントレポートとして開催写真をSNSで後日公開することがあります。
顔写真がNGの方などは、当日事務局まで申し付けください。

<主催>
みんなの読書会 事務局
※お問い合わせは、各サイトの「みんなの読書会」までご連絡ください

<こんな方が参加されています>
・メインの参加層は20~30代の社会人が中心です
・男女比は、40:60です
他の読書会よりも女性が若干多い傾向です
・初参加の方も3割程度いらっ しゃいます
・本や書店が好きな方が多いのが特徴的です