次回Meetup

あなたは自己解決型?他者依存型?ブッダとパーソナリティ心理学から知る、 「幸福度を高める“主体的な生き方”」ワークショップ
「毎日が同じことの繰り返しに感じる。新たな刺激がほしい」 「今までない学びを得て、スキルアップや、いい人間関係づくりに役立てたい」 「職場以外の友達がほしい」 そんな気持ちに応えられるよう、この勉強会では、いろいろな職種の方が参加してもらって交流を深め、日常に生かせる心理学を紹介します。 今回のテーマは、 ブッダとパーソナリティ心理学から知る、「幸福度を高める“主体的な生き方”」 です。 『自分の価値を最大にする ハーバードの心理学講義』という本をご存知でしょうか? これは、ハーバード大学卒業生による投票で3年連続人気教授に選ばれたブライアン・R・リトルによる、「パーソナリティ心理学」について解説された本です。 パーソナリティ心理学とは、パーソナリティ(=人格、性格)はどのように決まるのか?を研究している心理学です。 それによれば、 ・遺伝 ・環境 ・動機 の3つの要素がパーソナリティ特性の形成に影響を与えている、といわれています。 「性格」と聞くと、固定的なものではないか? 遺伝によって決まっているのではないか?と思いがちです。 しかしリトル教授は「(人間には)『生まれ持ったパーソナリティを超えて行動できる能力』があると確信しています」と語っています。 『生まれ持ったパーソナリティを超えて行動できる能力』とは具体的にどのようなことなのか? どうすればその能力を発揮して、目の前の目標を達成することができるのか? そして、パーソナリティ心理学に基づく「幸福度を高める"主体的な生き方”」とはどのような生き方なのか? それらの点をワークショップで詳しくお話ししていきます。 それと同時にお話しするのが、ブッダの教えです。 ブッダとは、2600年前に悟りをひらき、仏教を説いたお釈迦様のことです。 お釈迦様も、人間のパーソナリティは固定的なものではなく、動機や環境によって変化することを教えられています。 ワークショップでは、仏教は学ばれたことがない方にもわかりやすく、仏教の観点でのパーソナリティについてお話しします。 <勉強会内容> ◯パーソナリティ心理学とは? パーソナリティを決める3つの要素 ◯『生まれ持ったパーソナリティを超えて行動できる能力』はどうすれば発揮できるのか? キーワードは“パーソナル・プロジェクト” ◯「幸福度を高める“主体的な生き方”」のヒント 運命についての2つの信念―「自己解決型」「他者依存型」について ◯「自己解決型」の3つのメリットと、致命的なデメリット ◯仏教の観点での「幸福度を高める“主体的な生き方”」 <タイム・テーブル> 19:30 開始 自己紹介タイム(10分) プレゼンターのからの話(40分) フリートーク、休憩(20分) プレゼンターのからの話(20分) 21:00 終了 終了後も希望者でフリートーク 終了後も希望者でフリートーク <参加費> お気持ちをお預かりします。目安は500~1000です。 <プレゼンター> 南雄一郎 2011年 金沢大学 工学部 卒業 職種:フロントエンド・エンジニア 大学時代に仏教を学び始め、10年。 仏教で説かれるブレない“人生の指針”を伝えたいと思い、 心理学や自己啓発を切り口に、都内で講座を開催。 <お申し込みにあたって> • 初めて心理学を学ばれる方もお気軽に参加いただけます • ネットワークビジネスなどの勧誘目的での参加はご遠慮ください • 会場詳細は、お申し込みをされた方にメッセージでお知らせします

中目黒レンタルスペース(中目黒駅・徒歩2分)

目黒区上目黒1丁目 · 東京都

返答期限: 2018/7/26

今後のMeetupイベント

グループ概要

20代・30代が中心となり、心理学・仏教のワークショップを開催しています。
迷いなく充実した日々を送れるよう、心理学・仏教を通して人生の指針を学びます。

メンバー: (408)人

写真: (34)枚