グループ概要

全文検索、リアルタイム解析システムelasticsearchについての勉強会用のコミュニティです。
また、Elasticが提供しているBeats、Kibana、Logstash、Beatsについても扱います。

本家ページ( https://www.elastic.co/jp/ )

Elasticsearch勉強会で登壇してくださる方を募集しています。 登壇してくださる方は以下のURLからエントリーをお願いします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScbFosqRkSnaVNKnXp4Y0U9bGNlUYyLBU_4a0cRGndn3r-Yfg/viewform

Elasticに関するOSSやプロダクトについては質問などは、https://discuss.elastic.co ;へ投稿してください。
日本語での質問も出来るので気軽に質問してください!

行動規約をご一読ください。 (https://www.elastic.co/jp/community/codeofconduct)

This group is for anyone interested in open source search, logging, analytics & data visualization. We primarily focus on these open source projects — Elasticsearch, Kibana, Logstash, and Beats — but we welcome talks on any aspect of data exploration.

今後のイベント: (1)

第44回Elasticsearch勉強会 2021.10.20 #elasticsearchjp

オンラインイベント

Elasticsearch勉強会をWebinar形式にて実施いたします。
※当日のZoomのURLは、後日掲載いたします。

奮ってご参加ください。

またElasticsearch勉強会で登壇してくださる方を
募集しております。

登壇を希望される方は以下のGoogle Formへのご回答をお願いいたします。
https://forms.gle/WNL59H8XH2E7PR719

今回のWebinarの詳細は以下の通りです。

===============================================
■開催日時
10/20(水)19:30~21:00

■内容
登壇
(順不同)
・エムスリー 株式会社 po3rinさん @po3rin
「eskeeperを使ったファイル定義によるindex管理」

・株式会社ビッグツリーテクノロジー&コンサルティング 青山弦太さん @k_ao_yamachan
「Elastic Stackを用いたシステム開発プロジェクト改善におけるデータ活用(簡単な可視化~VEGAを用いた少し複雑な可視化の事例)」

※登壇者、募集中です!

===============================================

以上

過去のイベント: (32)

第43回Elasticsearch勉強会 2021.08.26 #elasticsearchjp

オンラインイベント

写真: (18)枚