◆歴史漫画で読書会◆横山光輝「史記」を読もう◆その7◆

Are you going?

2 people going

Share:

Details

早くも7回目!

学生時代は暗記科目で苦痛だったけど、最近歴史に興味が湧いてきて、改めて知りたい・学びたいという方は結構いませんか?
でも、本を読む時間がなかなか取れない、読んでもなかなか頭に入らないという方もいるかもしれません。

幸い、日本には優れた歴史漫画がたくさんありますので、これらをみんなで読んであれこれ語り合うと、楽しく歴史に触れられてよいのではないかと思い、この会を企画しました。

史記(しき)は、今から2000年ほど前、古代中国の前漢(ぜんかん)時代に司馬遷(しばせん)が記した歴史書で、四面楚歌、臥薪嘗胆、背水の陣といった故事成語の元ネタがたくさん出てきたり、人間や組織、社会に対する深い洞察が得られる書として、長年愛読されてきました。

ネタ本は、三国志でおなじみ横山光輝の漫画「史記」です。

今回は次の2話について、あれこれ語りましょう。第3巻に突入です。
「隗(かい)より始めよ」という言葉の由来が登場します。北方の強国斉に嵌められた隣国燕の王子が、名将楽毅(がくき)を得て、じっと国力を高めてその雪辱を晴らそうと戦いを挑みます。楽毅は連戦連勝で斉の首都を占領しますが...

第12話は攻める燕からの視点、続く第13話は守る斉からの視点で描かれており、史記の紀伝体ならではの章立てですね。

第12話/先從隗始〔先ず隗より始めよ!!〕
第13話/奇謀詭策

皆さんのご参加お待ちしております!

漫画:横山光輝「史記」文庫版第3巻(第12話/先從隗始〔先ず隗より始めよ!!〕・第13話/奇謀詭策)
https://www.amazon.co.jp/dp/4091925634/

参加費:なし。ワンドリンクオーダーお願いします。

持ち物:上記漫画本(入手できない場合は、当日お貸しします)

場所:Blue Baobab Africa

アクセス:http://tomosu-lab.com/access-2
入り口が分からないという方が多いので、↑ご覧ください。

進め方:
(1) 読み
当日まで読めなかった方は、皆さんの話を聞きながら読んでみてください。読み終わったら参戦です(笑)

(2) 感想シェア、語り合い
読んだ方は、感想・気になったこと・みんなに聞いてみたいことなどを出し合い、語りましょう。

参加にあたってのお願い:
この会は討論会ではなく、同じ題材を読んでも人によって様々な捉え方をすることに触れて、お互いに気づきを与え合い、新たなものの見方を得ることを目指しています。

年代、背景など様々な方が集まりますが、お互い対等な読者同士としてお話していただきたく思います。