• QS Tokyo small meetup

    GIFTED AGENT Inc.

    Making the Quantified Self Automatic and adding value to data Hi, we are planning next QS Tokyo meetup. Like our previous meetup, this meetup is for talking each others. Every attendee can give us a 3-5 min talk. And we'll welcome Mr. Shashwat Pradhan who is a founder and CEO of Emberify - the Quantified Self startup that has won awards & accolades from Google & Apple. He also has designed some Quantified Self products and he will give us a 15 minute talk on 'Making the Quantified Self movement automatic & getting value from data'. Thanks a lot for GIFTED AGENT Inc, we can eat/drink freely at the place. Of course you can use a projector as well. Typically our theme were healthcare, data science, AI, gadgets, apps but now we will meet, talk, show and help about anything you want. Just come to enjoy. See ya! Venue: We'll open the place from 15:00 Because of it's weekend, the front door will be locked. Please go along with left side. When you see another door, push 601 to call us. 3Cho-me 27-15 Sakaue Blog 6F Shibuya, Tokyo https://goo.gl/maps/kjU4z7ipVfJ2 15:00- open, social hour 15:30- start, show/tell hour ( each attendee can have about 3-5 min to show/tell ) 16:00- theme talk ( Let's see recent quantified self blog posts (http://quantifiedself.com/) ) 16:30- show/tell hour #2 17:00- group mind (you can ask attendee anything about you want to know or you are confronted ) 17:30- close Instant: http://instantapp.today Emberify blog: http://emberify.com/blog ----- 次回QS meetupのお知らせです! 今回も前回と同じく、皆様に自分たちのやっていることや興味のあることを自由にお話し頂く会です。GIFTED AGENT株式会社様のご厚意により会場をお貸し頂きましたが、飲食も自由、プロジェクターも利用可能です。 また、今回は特別ゲストとして シャシュワット プラダーン をお迎えします。プラダーンさんはGoogleやAppleに表彰されたトラッキングアプリ Instant のファウンダー&CEOで、今までに幾つものQSアプリを開発されてきています。当日は15分程度のトークとして、いかに自動でデータをトラックしかつデータに価値を与えていくかについてお話頂きます。 QS Tokyoではテーマはヘルスケアやデータサイエンス、AI、ガジェット、アプリでしたが、今回は特に限定せず自由にお話ししましょう! それぞれ3-5分ほどで自分のやっていることや興味のあること、ライフログデータなどについて紹介頂ければと思います。話したくない方は聞く側としての参加もOKです。もちろん日本語でも英語でもどちらでも大丈夫です。皆様の気軽なお立ち寄りをお待ちしております! 会場:GIFTED AGENT株式会社 (参加費無料) 当日ビルの正面玄関は閉まっています。正面玄関を左に回ると直ぐに勝手口があるので、そこのインターホンで601を押して呼び出して下さい。 [masked] 渋谷区渋谷3−27−15坂上ビル6F https://goo.gl/maps/kjU4z7ipVfJ2 15:00- 開場ネットワーキング 15:30- 開始、Show/Tell (3-5分程度で、持ち回りで皆さんのお話を聞く時間) 16:00- Theme Talk ( ここ最近の本家QSブログ (http://quantifiedself.com/)の投稿などを紹介 ) 16:30- show/tell hour #2 17:00- Group Mind ( 何か自分の知りたいこと/困っていることなどがあればそれを出して皆さんにアドバイスをもらう時間 ) 17:30- 終了 Instant: http://instantapp.today Emberify blog: http://emberify.com/blog

    7
  • QS Tokyo small meetup (DWANGO Co., Ltd. GINZA)

    DWANGO GINZA SHOCHIKU SQUARE (銀座松竹スクエア) 13th floor

    Hi, are you enjoying Japanese summer? (日本語は下に続きます) Here we are planning next QS Tokyo meetup. This meetup, we don't expect any specific speakers. Since everyone has their own aspects, projects, interests, data and so on, this meetup is just for talking each others. Thanks a lot for DWANGO, we can eat/drink freely at the place. Of course you can use a projector as well. Typically our theme were healthcare, data science, AI, gadgets, apps but now we will meet, talk, show and help about anything you want. Just come to enjoy. See ya! Map: GINZA SHOCHIKU SQUARE 13F (http://info.kadokawadwango.co.jp/english/corporate/map.html) 14:00- open, social hour 14:30- start, show/tell hour ( each attendee can have about 3-5 min to show/tell ) 15:00- theme talk ( Let's see recent quantified self blog posts (http://quantifiedself.com/) ) 15:30- show/tell hour #2 16:00- group mind (you can ask attendee anything about you want to know or you are confronted ) ----- 次回QS meetupのお知らせです! 今回は特にスピーカーを設けず、皆様に自分たちのやっていることや興味のあることを自由にお話し頂く会です。株式会社ドワンゴ様のご厚意により会場をお貸し頂きましたが、飲食も自由、プロジェクターも利用可能です。 QS Tokyoではテーマはヘルスケアやデータサイエンス、AI、ガジェット、アプリでしたが、今回は特に限定せず自由にお話ししましょう! それぞれ3-5分ほどで自分のやっていることや興味のあること、ライフログデータなどについて紹介頂ければと思います。話したくない方は聞く側としての参加もOKです。もちろん日本語でも英語でもどちらでも大丈夫です。皆様の気軽なお立ち寄りをお待ちしております! Map: 銀座 松竹スクエア 13F (http://dwango.co.jp/corporate/map.html) 14:00- 開場、ネットワーキング 14:30- 開始、Show/Tell (3-5分程度で、持ち回りで皆さんのお話を聞く時間) 15:00- Theme Talk ( ここ最近の本家QSブログ (http://quantifiedself.com/)の投稿を紹介 ) 15:30- Show/Tell #2 16:00- Group Mind ( 何か自分の知りたいこと/困っていることなどがあればそれを出して皆さんにアドバイスをもらう時間 )

    10
  • QS Show and Tell #10 (DeNA Life Science, Shibuya Hikarie)

    Shibuya Hikarie @ main entrance http://goo.gl/maps/7p2cv

    Hi! We are happy to announce our next QS Tokyo meetup!! (次回QS Tokyo meetup開催概要です。日本語の案内は後半に続きます) We will have 2-3 speakers and 1 of them will give us an English speech. The place, Shibuya Hikarie, is located in central Tokyo, with a really nice view. Any lightning talks will be welcomed. We’ll be happy to share our thoughts. How to get there: We will get together 18:15-18:30 at 11F Office Entrance at Sibuya Hikarie Bldg. The place is called "Sky Lobby". Please call[masked] Maruyama-san in case you get late. Schedule: 2016. 03. 04 (Fri) 18:30-21:00 18:30-19:00 Social Hour 19:00-20:50 Show & Tell 20:50-21:00 Closing *Light meal will be offered by DeNA Life Science! Thx! Speakers: Prof. Judith Gregory / University of California-Irvine (UCI) “On Becoming Data Citizen” Data about us which is circulating in ever wider contexts, as indexed by the Quantified Self and Personal Genomics movements. These data lead to the creation of virtual ‘shadows’ of ourselves. We call call this emergent entity the ‘data citizen’. We propose that policy and design need to be brought together as new modes of citizenship are being created. Judith Gregory is Co-Director of the EVOKE & Values in Design Laboratory at University of California-Irvine. Geoffrey C. Bowker is Professor at the School of Information and Computer Science, University of California at Irvine. Key words: Data Citizen, Quantified self, Big data, Personal genomics, Design, Policy, Altruism Evoke Lab ( http://evoke.ics.uci.edu ) Shu Takeda / (TBC) "2 years of my volunteering and walking. And what will be going." I have managed to work as a volunteer for walking for 2 years. Would like to share How and why I could do this. Takashi Kido / (Ph.D. Engineering / Researcher at RIKEN Genetics & Stanford University "Exploration of My Mind with Personal Genome" I will introduce our MyFinder Project and present the results of a recent study on “social intelligence genomics and empathy building”, and discuss issues involved in exploring our mind within the context of personal genomics. And we are thinking to have one more speaker for QS topic. Hope to meet you guys there! ----- 第10回 QS Tokyo Show&Tell ミートアップ 開催概要です。 今回は株式会社DeNA ライフサイエンス様にて開催します。 【場所】株式会社DeNAライフサイエンス (渋谷 ヒカリエ内: http://www.hikarie.jp) ※渋谷駅から徒歩1分です。また、DLS様より軽食を提供して頂きます。 [集合場所] 当日は渋谷ヒカリエ11Fオフィスエントランスでの集合となります。遅れてきた方は[masked] 丸山までご連絡下さい。 【スピーカー】 • Prof. Judith Gregory University of California-Irvine (UCI) “QS movement in U.S.” Gregory先生は米国カリフォルニア大学・アーバイン校でヘルステクノロジーの人間中心設計に関する研究を行う“EVOKE Lab(http://evoke.ics.uci.edu)”の共同ディレクターをされています。その他にもインテル科学技術センター・ソーシャル・コンピューティングと提携し、パーソナルゲノムと自己の定量的な観測に関する研究を行っています。デジタルヘルスのユーザー中心設計研究のスペシャリストであるJudith先生が、今回、米国でのQSムーブメントについてお話して下さいます。 Prof. Judith Gregory (linkedIn): https://www.linkedin.com/in/judithgregory • 竹田周/ 特定非営利活動法人メタボランティア 代表理事兼プロウォーカー “メタボランティアとウォーキングが過ごした2年間、そしてこれから〜” あなたの脂肪地球救う!でお馴染みメタボランティア、この2年間はウォーキングに完全コミット、その活動とそこで得た知見や生きる為のヒントをお話し致します。 ・城戸 隆 / 工学博士。人工知能を用いた遺伝子研究が専門。慶応大学、NTT、米スタンフォード大学などを経て、現在、理研ジェネシス、米スタンフォード大学で研究を続けている。 "パーソナルゲノムを用いた心の探索" 私達はMyFinder と呼ばれる、パーソナルゲノムとそれに関する情報のプラットホームを作りました。MyFinderはより意味のある人生の為に、産まれながら持つ隠れた才能を見つけ、個人の可能性を最大化することを目指します。特に、今回はそこで得られた、心とパーソナルゲノムに関する発見についてお話します。 さらにもう一名のスピーカーを予定しています。 日本語での詳細情報はQS Tokyoのブログをご覧下さい。皆様のご来場をお待ちしております。

    2
  • QS Show and Tell #9 (RECRUIT LIFESTYLE )

    RECRUITE LIFESTYLE

    Hi! We are happy to announce our next QS Tokyo meetup!! (次回QS Tokyo meetup開催概要です。日本語の案内は後半に続きます) We will have 4-5 speakers and 2 of them will give us an English speech. The place, Gran Tokyo SOUTH TOWER, has a really nice view with a glass-walled large room. Any lightning talks will be welcomed. We’ll be happy to share our thoughts. Schedule: 14:00-15:00 Social Hour 15:00-17:00 Show & Tell Speakers: Greg Schwartz / QS San Francisco meetup organizer “How Much Am I Burning, Man? Calories and GPS tracking of Burning Man[masked]” Greg Schwartz has a Master's Degree from Stanford, and works as a part-time UX Troubleshooter. He also is a fire dancer, and co-organizes the San Francisco Quantified Self Meetup. He tracks many aspects of his life, most notably productivity (RescueTime), calories burned each minute (BodyMedia), and his relationships/dating (a spreadsheet). Quantified Dating: https://www.youtube.com/watch?v=ZVYxZj4WIiY Burning BodyMedia: https://www.youtube.com/watch?v=x-glCz7zVBk [ San Francisco Quantified Self Meetup Group ] http://www.meetup.com/san-francisco-quantified-self/ Emiko Suzuki / 1st year master's student of Human Performance Lab, Keio University SFC "My relationship with quantification" "My main research field includes cognition and embodiment. Especially I am interested in the correlation between dancing and emotion.I believe my mission is to find ways for more fulfilling life by understanding why we do what we do.Often, our sensory signal becomes the cue to take certain action. I feel great potential in using technology to recognize these physical signs that induce behaviours. I am hoping to discover new knowledge with everyone at QS!" Kohske Takahashi / The University of Tokyo Research Center of Advanced Science and Technology / Araya Brain Imaging “NeuroProfile: A web-based service for personalized neuroprediction from anatomical brain scans” "However our brain is the most nearest existence of our "Self", it is really hard to know objectively about our brain. NeuroPrifile is a web service providing us a visualization of your brain. You can have a snapshot of your brain via MRI, and then you can upload your data to get a visualization. It enables you to have a new way of looking you and your brain. I'll talk about how to use NeuroProfile, what we can know from NeuroProfile and a new point of view which will be provided by NeuroProfile." Takashi Ozaki / RECRUIT COMMUNICATIONS (Data Scientisit) "Taste of Wine vs. Data Science" ----- 第9回 QS Tokyo Show&Tell ミートアップ 開催概要です。 今回は株式会社リクルートライフスタイルにて開催します。 【場所】 株式会社リクルートライフスタイル (https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92100-0005+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%BA%E4%B8%B8%E3%81%AE%E5%86%85%EF%BC%91%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%99%E2%88%92%EF%BC%92/@35.6779343,139.7667787,16z/data=!4m7!1m4!3m3!1s0x60188bfb671b5445:0x44f96bfe79bac949!2z44CSMTAwLTAwMDUg5p2x5Lqs6YO95Y2D5Luj55Sw5Yy65Li444Gu5YaF77yR5LiB55uu77yZ4oiS77yS!3b1!3m1!1s0x60188bfb671b5445:0x44f96bfe79bac949?hl=ja) グラントウキョウサウスタワー 24F会議室 ※ 東京駅八重洲口から徒歩1分です 【スピーカー】 Greg Schwartz QS San Francisco meetup organizer “How Much Am I Burning, Man? Calories and GPS tracking of Burning Man[masked] ” 鈴木絵美子 慶應義塾大学大学院 政策・メディア学科 修士一年 "My relationship with quantification" / "数値化との付き合い" 人はある行動をするときに身体的なシグナルをきっかけに行います。自分では気づきにくい身体的なシグナル、そしてそれをきっかけにして合わせて行う行動をテクノロジーを用いて明かにし、改善していくことに非常に興味があります。QSで一緒に新たな知の発見が出来たらなと思います! 高橋康介 東京大学先端科学技術研究センター認知科学分野 / アラヤ・ブレイン・イメージング “NeuroProfile: A web-based service for personalized neuroprediction from anatomical brain scans” 脳は”Self”に最も近い存在でありながら、自分の脳を客観的に知ることは容易ではありません。NeuroProfileは、MRI技術を使って撮影した脳の画像をアップロードして頂き、その画像を解析し脳の特徴等を可視化するウェブサービスです。NeuroProfileを通して自分の脳を新しい視点から見つめることができるようになります。スピーチではNeuroProfileの使い方、NeuroProfileによって分かること、そしてNeuroProfileが生み出す人類の新たな価値や通念についてお話します。 尾崎 隆 株式会社リクルートコミュニケーションズ ICTソリューション局アドテクノロジーサービス開発部 “Taste of Wine vs. Data Science” 主に「ビッグデータ」という言葉で人口に膾炙しているデータサイエンス分野ですが、一方でヒトの主観的な感覚や認知についても客観的な測定データから迫ろ うという試みにも力を入れています。本講演ではワインのテイスティング評価と各種科学的測定指標とを組み合わせたオープンデータセットに着目し、データサ イエンスがどのようにヒトの主観的な感覚にアプローチし得るかを簡潔に論じます。 ブログ:銀座で働くデータサイエンティストのブログ (http://tjo.hatenablog.com/) 著書:手を動かしながら学ぶ ビジネスに活かすデータマイニング (http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/477416674X/) 日本語での詳細情報はQS Tokyoのブログ (http://qs-tokyo.com)をご覧下さい。皆様のご来場をお待ちしております。

    6
  • QS Show and Tell #8 (Keio University, Yagami Campus)

    Keio University Yagami Campus

    Meet upの日時が、最初の周知から1週間早まりました。June 20, 2015 (Sat) / 9:30 pm to 12:00 pm です。ご注意ください。 Hi! We are happy to announce our next QS Tokyo meetup!! (次回QS Tokyo meetup開催概要です。日本語の案内は後半に続きます) There will be two speakers, Enneagram workshop and some lightning talks! The theme in this time is " Emotion, Communication and Motivation.". Any lightning talks will be welcomed. We’ll be happy to share our thoughts. Theme: "Emotion, Communication ant Motivation" Date: June 20, 2015 (Sat) / 9:30 pm to 12:00 pm Place: Keio University (Yagami campus) Seminar room 3 [masked]) ※ next to SouzouKan. (We will have a notice board.) 15 min from Hiyoshi-station, (Toyoko line) http://www.st.keio.ac.jp/english/access/index.html Speakers: 1. Hirotaka Niisato https://www.facebook.com/hirotakaster "QS tools for Emotions and Communication" Niisato-san is an excellent developer for large scale systems, smart phone applications and interactive media design. He will share some insights for QS tools for " Emotions and Communications" from his various experiences. profile: http://www.hirotakaster.com/profile/ product list: http://www.siprop.org/en/2.0/index.php?product 2. Terumi Miyazawa "Ennagram Experience for exploring your personality" Miyazawa-san is an Enneagram facilitator of International communion society. Enneagram is a model of human personality and a good tool for building rich human relationships. She will introduce Enneagram and facilitate interactive group workshops with audiences. 3. Ayumi Yuki https://www.facebook.com/ayumi.kuga ”Manner and Communication" At the business meetings and negotiations, you may not know that your physical posture can improve the success rate of the meetings. She will present us how to make your communications easier and lead to better results by focusing your posture. It would be also interesting she uses voice frequency analysis software to track your mind status. 4.Genshu Toyama https://www.facebook.com/genshu.toyama " (https://www.facebook.com/genshu.toyama)Quantity of the life" What is the "life"? Scientifically, the life is just a thing we inherit from my parents which also inherit from their parents. On the other hands, what I learn from taking care of lots of people's death and grief as a priest is something different. I would like to talk about it with a different way of usual. Schedule: 9:30 Networking & Opening (Sponsor: Prof. Miki in Keio University) 10:00--10:25 Speaker 1: ( By Hirotaka Niisato) "QS tools for Emotions and Communication " 10:25--11:05 Speaker 2 and Trial experience (By Terumi Miyazawa)"Ennagram Experience for exploring your personality" 11:05--11:20 Speaker3 (By Ayumi Yuki :Radio Personality) "Quantify Mannar and Communication"  11:20--11:40 Speaker 4(By Genshu Toyama :Monk) " Quantity of the life" 11:40--12:00 Pitch talk time and networking. ----- こんにちは。次回QS Tokyo meetup開催概要です! 4名のスピーカーの方にお話をお願いしています。またライトニングトーク枠の希望者も募集中です。(余裕があれば当日受け付けも可) 今回のテーマは"Emotion , Communication and Motivation"です。 体験型のエニアグラムのワークショップもあります。 皆様にお会いできるのを楽しみにしております! 【日時】 6月20日(土) 9:30 --12:00 【場所】 慶応大学 矢上キャンパス セミナールーム3(14—203) ※ 矢上キャンパスの坂を上がってすぐの創想館の,左手の階段を上った先の教室 (看板も出す予定) ※ ホストは慶応大学 理工学部 三木先生 最寄り駅: 東横線 日吉駅より徒歩15分 http://www.st.keio.ac.jp/access/index.html 【テーマ】 --Emotion , Communication and Motivation-- 【スピーカー】 • 新里 祐教 (Hirotaka Niisato) https://www.facebook.com/hirotakaster "生体データを利用したMaker的制作とモチベーション" 新里さんは大規模システムやモバイルアプリなど広い分野での設計・開発を行いつつ、個人では多種多様なインタラクティブ作品/メディア作品を制作されています。 未踏ソフトウェアにも採択されたOSSプロジェクトであるSIPropではロボットとセンサーを駆使したプロダクトを開発。 技術系書籍・雑誌での執筆も多く近年では生体データや人そのものを使った作品を多く製作されています。また国内/海外のMakerFaire、ギャラリー、美術館での出展やギーク・子供向けの講演・ワークショップの開催を行うなど様々な活動をされています。 2010年 Mashup Award 6, 2011年 1st Prizes at Linaro Technical Showcase, 2012年 Asia Digital Art Award 2012 Interactive Art category を受賞など。 当日は、今まで非常に沢山の作品制作や記事執筆、ワークショップをやられてきて、何がそのモチベーションになってきたのか、どうすればより生産性を上げられるのかについてお話を頂きます。また生体データを使った作品を作れられてきた経験から、ウェアラブルデバイスが人のコミュニケーションに今後どんな可能性を付け加えるのについても考察を頂く予定です。 SIProp : http://www.siprop.org/en/2.0/profile: http://www.hirotakaster.com/profile/works: http://www.hirotakaster.com/work/ • 宮沢てるみ、 国際コミュニオン学会 エニアグラムファシリテータ― "人は何故にこんなに違うのか、エニアグラムでその違いがわかります!" エニアグラムは、人の性格を9つのタイプに分類します。タイプは生まれながらに決まっています。タイプの特徴は、無意識の言動に表れますので、捉えにくいです。ご一緒に絵を描いたり、身体を動かしたり体験しながら、あなたのタイプを見つけませんか? • 由結あゆ美(Ayumi Yuki) 株式会社ユウキアユミサロン "マナーとコミュニケーションを量る" ビジネスの商談の場面で、お会いした瞬間の第一印象の要である「姿勢」のポイントを押さえてから臨むと、その後の商談の決定率が上がります。今回は【プロ トコール(国際マナー)】でも重要視される「姿勢」に焦点をあて、“楽なコミュニケーション”と“結果“につながる心身の作り方をプレゼンテーションさせ て頂きます。定量には【声分析ソフト(声の波形で人の精神状態を量るソフト)】を用います。 株式会社ユウキアユミサロン 代表取締役プロトコール・マスター(人の原石を発掘し輝かせるスペシャリスト) プロトコール(世界標準マナー)、日本の礼儀作法、上質接遇法、ノブレス・オブリージュの精神、メンタルマネジメント、カウンセリングを学び、1999年よりプロの道へ。経営者・ビジネスマン・ホテリエの卵など延べ6000人以上の指導を手がける。現在、東京・四ツ谷サロンにて人材教育・個人コンサルティング事業を展開中。 大学・企業研修、全国講演活動のほか、ラジオFM番組メインパーソナリティ、講演インタビュアー、司会者としても活動。 書籍監修:別冊宝島/永久保存版即戦力のビジネスマナー(宝島社) • 遠山玄秀(Genshu Toyama) 日蓮宗 上行寺 副住職 "いのちの量" わたしたちたちには今いのちがあります。そして、生きております。そのいのちはなんなのか? 生命科学的には、父母のDNAを引き継いて、祖父母のDNAを引き継いで・・・ 一方で私が教わったいのち。宗教者として、お葬式や法要、そしてその中でのグリーフケア。さらには、臨床宗教師としての傾聴、スピリチュアルケア。それらの活動を通じて、教えていただいたいのちについて。 普段とは異なる切り口でお話をさせていただきます。 日蓮宗 上行寺 副住職臨床宗教師一般社団法人 終活カウンセラー協会 理事チームビハーラ 代表 グリーフサポートバディ 1977年生まれ、現在37歳千葉大学理学部化学科、立正大学仏教学部宗学科を経て僧侶に。 現在では、「供養」と共に、自分の終焉を考えることによって、今をより良く生きる「終活」、大切な方を亡くされた方の心のサポートである「グリーフサポート」、生きている人に宗教者としてどう寄り添うかという「臨床宗教師」、宗教者だけではなく、多職種でどういのちをサポートするかという「チームビハーラ」と様々な活動を通じていのちに寄り添う

    4
  • QS Tokyo small meetup (Sony HQ - Sony Creative Lounge)

    Sony HQ - Sony Creative Lounge

    (日本語の案内は下に続きます) Hi, Please join us on Tuesday November 18th for our small meetup at SONY Creative Lounge! We have been talking to have a casual meetup, not seminar like but something to light up communications. And this is the one. In this meetup, we all are the speaker. Every person would talk about what they are doing, using, interested or any other things about themselves. Any software or hardware you are using, expectation for Apple Watch or other gadgets, thoughts about people or any other topics are welcome. ( Maybe 3 - 5 minutes per person? ) Luckily, we can use SONY Creative Lounge for our place. Which space, just opened recently, is a maker space mainly for SONY staekholders but also open for public. The place is really a nice place to collaborate with others. ( see pics in this article http://makezine.jp/blog/2014/10/interview_sony_tanaka_01.html ) Just announcing that we're currently planning next show & tell meetup on the beginning of next year, however, let's have a talk with us before that. No presentations is needed. Hope to see you then! ----- QS Tokyo small meetup のお知らせです。 今回はいつものスタイルとは違って皆で話をするのがメインのsmall meetupとなります。メインとなるスピーカーを用意しておりませんので、参加した皆さんで自由にテーマやトピックを決めて自由にお話下さい。ご自分がされていること、作っているもの、興味があるもの何でもOKです。 もちろん日本語でのトークもOKです。代わりに英語で話している方がいましたら頑張って聞いてコメントしてあげて下さい。:-) 今回は会場としてソニーさんのクリエイティブラウンジをお借りします。SAPクリエイティブラウンジはメイカースペースとして皆で物作りをしたり共同作業をするためのスペースで非常に素敵な場所です。 ( 記事: http://makezine.jp/blog/2014/10/interview_sony_tanaka_01.html ) 年明けには通常スタイルのmeetupも予定しておりますが、まずは皆でお話しましょう! 皆様のご参加をお待ちしております。

    5
  • QS Tokyo Show&Tell #6 (Tokyo Insitute of Technology, Ookayam campus)

    Tokyo Institute of Technology

    Hi! We are happy to announce our next QS Tokyo meetup!! (次回QS Tokyo meetup開催概要です。日本語の案内は後半に続きます) There will be four speakers and some lightning talks! Any lightning talks will be welcomed. We’ll be happy to share our thoughts. Please take a look at short reports about our previous meetups! (http://qs-tokyo.com/?cat=3) (in Japanese). Date: June 28, 2014 (Sat) / 2pm to 4pm Place: Tokyo Institute of Technology (Ookayama campus) Main Bldg (本館) H111 1min from Ookayama-station, (Tokyu Meguro Line and Tokyu Oimachi Line) Speakers: • Atsushi Yamazaki, Kokuyo S&T Co.,Ltd. (http://www.kokuyo-st.co.jp/) "Self management and a new working style using gadgets and cloud applications" Yamazaki san is the developer of “CamiApp”, a notepad which allows you to digitalize handwritten notes and organize them using its mobile application. Over 1 million units has been sold. He will share his insights about using tools such as gadgets and cloud applications to change the work style. • Yasuhiro Takeda, Sony Computer Science Laboratories, Inc (http://www.sonycsl.co.jp/) "The essences for making it your behavior" Takeda san works for Sony CSL as a web service developer and released “leaploop (http://leaploop.com/)” a service to support you to make activities your habit. He will be sharing some essences needed to make an activity a habit, based on data and analysis gathered from “leaploop”. • Daisuke Hachimura, MediThink, Inc. (http://www.medithink.co.jp) / Jibunlab KK Satoshi Taniguchi, MYSTAR-JAPAN Business Solutions (http://mystar-japan.biz/), Inc. "What's there beyond health management?" Hachimura san is engaged in health entertainment business, life log apps, and Taniguchi san in diabetes, smart health business. With the development of wearables and apps, logging our life for health and utilize the data from it is becoming much easier. They think that this will give birth to new types of health services that set themselves apart from the traditional health management. By looking at their experiments done in Chiba and Aichi Prefecture, we would like to think together about how we can make the world a healthier place. •Dr.Cathal Gurrin, Dublin City University (http://dcu.ie/), Ireland and University of Tsukuba, Japan "What can Lifelogging offer to Quantified Self" He has been an active lifelogger since 2006 when he began to work with wearable cameras and has been a speaker at the recent global and European Quantified Self meetups. He has amassed a large archive of over 14 million sensecam images and is actively developing search and organization technologies for Personal Life Archives. He is regarded as a leading researcher in the field of Lifelogging, with his research having been featured by the Economist, New York Times, BBC and Discovery Channel in the past two years. http://www.computing.dcu.ie/~cgurrin/ Also we'll have a Lightning Talk. If you want to give us a LT, please let us know (because of the time for LT is limited). We'll update speakers info soon, see you there! ----- こんにちは。次回QS Tokyo meetup開催概要です! 4名のスピーカーの方にお話をお願いしています。またライトニングトーク枠の希望者も募集中です。(余裕があれば当日受け付けも可) 皆様にお会いできるのを楽しみにしております! 日時:平成26年 6月28日 土曜日 場所:東京工業大学 大岡山キャンパス 本館111号室 最寄り駅 東急目黒線、東急大井町線 大岡山駅より徒歩0分 スピーカー: (各スピーカーの日本語プロファイルはQS Tokyoブログ (http://qs-tokyo.com)をご覧下さい。) • 武田泰弘, Sony Computer Science Laboratories, Inc (http://www.sonycsl.co.jp/) "習慣化に必要な 7 つの要素" • 山崎篤, コクヨS&T株式会社 (http://www.kokuyo.co.jp/) "ガジェット、クラウド、ソーシャルを活用した、企業内での働き方と自己管理術" • Dr. Cathal Gurrin, ダブリンシティ大学 (http://www.dcu.ie/) ( website (http://www.computing.dcu.ie/~cgurrin/) ) "What can Lifelogging offer to Quantified Self" • 八村大輔, 谷口諭, Medithink (http://www.medithink.co.jp/) " 「健康管理」の先にあることは何か" スピーカーや開催概要の詳しい情報は随時アップデートしていきます。 皆様のご参加を心よりお待ちしております!!

    4
  • Quantified Self Tokyo Session x University (Apple Store Ginza)

    We are happy to announce our QS Tokyo Session meetup! (English part is followed by Japanese, thank you.) こんにちは!Quantified Self Tokyo のセッションMeetupを開催いたします!今回はこれまでのShow&Tell Meetupとは少し変わって、いろいろなドメインとQSを絡めたセッションの試み第1回目として、大学をテーマにセッションを行います。 平日夜1時間と短い時間ではありますが、大学や学生とQSを絡めたお話をいただけるスピーカーをお呼びする予定ですので、ぜひご参加下さい!! なお、突然予定が空いた、など、急に参加可能となった場合、是非そのまま、事前申し込みなく会場へお越しください。 過去のQuantified Self Tokyo Meetupや、Quanfitied Self / QS Tokyo の説明はこちら (http://qs-tokyo.com/)! 場所:アップルストア銀座 3階 日時:2014年3月25日 7時開始、8時終了 スピーカー: 青木俊介さん ユカイ工学株式会社CEO。「konashi」開発者 青木さんは大学在学中にチームラボ株式会社を設立され、その後ピクシブのCTOを務めたのちロボティクスベンチャー『ユカイ工学』を設立されました。 ソーシャルロボット「ココナッチ」の開発や、脳波で動く「Necomimi (ネコミミ) 」、ウェアラブルデバイスの「Telepathy One(テレパシー・ワン)」の共同開発をされるなど非常にユニークなものを次々と生み出されています。 当日は開発元であるフィジカルコンピューティングキット「konashi」を使って日常生活をユカイに変える事例についてお話頂きます。 門村 亜珠沙さん お茶の水大学 学生 門村さんはユビキタス・コンピューティングについて研究されており、日常生活で利用する中で教育にも利用できるようなガジェットを製作されています。ドイツや台湾で留学経験をされていたりと非常に活動的で、言語・健康・食事等に幅広い興味をお持ちです。 当日は自身の製作されたフォーク型センサを使った食習慣の改善についてお話を伺います。 髙瀬有美子さん 女子美術大学 学生 高瀬さんは非常に多才なアーティストで絵画・デザインのみならず演劇やCM企画、文学、ITライターなど数々のフィールドに取り組んでおられます。本文には書ききれないほどの多方面での受賞暦・メディア掲載暦があり、プレゼンの達人でもあります。 高瀬さんはここ数年、Mystatsというソフトを使って日々自分に点数をつけているそうです。自身の言動や行動が目標に達していたかなどを記録し、そうすることによって明日の自分とのコミュニケーションがとれるそうです。当日は彼女の自己管理方法についてお話を伺います。 みなさまにお会いできるのを楽しみにしております!! (English part from here) We are happy to announce our QS Tokyo Session meetup! This is first session of our new challenge to collaborate with some domains. We will be having speakers related to University or Student this time. Most of speakers speak Japanese. But we’ll be happy to share our thoughts, whatever language you use. Please take a look at the short report about our previous meetings (http://qs-tokyo.com/?p=466) (in Japanese). Place: Apple Store Ginza Date: March 25, 2014 (Tue) / 7pm to 8pm Speakers: Shunsuke Aoki CEO of YUKAI Engineering Azusa Kadomura Ochanomizu University Yumiko Takase Joshibi University of Art and Design We are looking forward to meeting with you!

    2
  • QS Tokyo Show&Tell #5 (Cookpad Head Quarters in Shirokanedai)

    It is our pleasure to announce our fifth QS Tokyo Show & Tell meetup! We will be having three speakers this time. Two of the presentations will be in Japanese, one in English. Whatever language you use, we’ll be happy to share our thoughts. Please take a look at the short report about our previous meetings (http://qs-tokyo.com/?p=541) (in Japanese). Place: Cookpad Inc. Head Quarters in Shirokanedai map (http://yahoo.jp/pKec2k) 6 min. walk from Shirokanedai Station of Nanboku Line and Mita Line 15 min. walk from JR Meguro Station. Date: November 9, 2013 (Sat) / 1pm to 4pm (Doors will open at 1pm and close at 5pm for networking with participants.) [UPDATE] Since it will be on a Saturday, the front door of the building will only be open from 12:30pm to 1:30pm. For those that arrive at the venue after 1:30pm, please contact the number below. [masked] Speakers: 清野 幹雄 / Mikio Kiyono 見えないモノへの恐怖は拭いがたい。この為、電波を浴びることによる健康被害へのクレームは絶える事が無い。一方で見えないモノを視るテクノロジの進歩もめざましい。この一例として電波を視る技術、電磁界シミュレーションの世界を紹介していただきます。 Fear against something unseen is not easy to remove. Therefore, complaint about health issues from being exposed to radio waves continues. On the other hand, technology for visualizing the unseen is rapidly advancing. He will be showing us one example of visualizing radio waves, the world of Electromagnetic Field. 発表タイトル:見えないモノを視るシミュレーション技術 丸山 智久 / Tomohisa Maruyama ENVIROME株式会社 / Envirome Inc. 東京医科歯科大学大学院 先端医療開発学専攻 遺伝子・分子医学講座 生命情報学 難治疾患研究所 Department of Bioinformatics, Medical Research Institute, Tokyo Medical and Dental University 日経BP外部記者 バイオ部 / Nikkei Business Publications, Writer Nikkei Biotechnology & Business 遺伝子は生命の設計図です。数年以内にこの設計図情報を簡単に全て知ることできるようになります。また、私たちは私たちの体の状態や環境を測定することができ、それは私たちの生活の中で当たり前となり、その意味をよく理解することができるようになりました。QSの動きは私たちの生活ログの収集を加速しています。今回Genome:遺伝要因(遺伝子)とEnvirome:環境要因(環境子)の観点から私たちの生活ログに関するいくつかの実例を紹介し、生命というシステムについて考えます。 The genome is the map of the life. Within these several years, it becomes possible to know easily.And also, we can measure our body's status and the environment and which surrounds by our life , and it became able to be well understood.QS movements are accelerating to collecting our life logs.By the sight of "Genome; Genetic Factors" and "Envirome; Environmental factors", I will show some case about our health log.And, we think about "what is life?". 発表タイトル:どのように生命を計算するか? ~P = G + E, 生命システムと統計の力 Title: How to calculate our life? P = G + E, The Systems of Life and The Power of Statistics 山宮 徳晃 / Noriaki Yamamiya Peatix Senior Evangelist トライアスロン70.3に参加することを目標におき、そのために、ご自身を「数える」ことが始まったようです。今回は、その過程において、どのようなツールを使い、数字からどのようなことに気付かれたかをご紹介いただきます。 Joining Triathlon racce 70.3 is his goal which made him begin counting up and down himself. He will be introducing the tools he used and what he learned from the numbers. 発表タイトル: 40歳の目標 Title: My Goal for Age 40 渡邊 恵太/Keita WATANABE (明治大学 総合数理学部 専任講師/ Meiji University,Senior Assistant Professor) 発表タイトル: "SyncPresenter": 動きと音声が同期したターンテーブル型プレゼンテーションシステム / Title: "SyncPresenter": Turntable Presentation System that Synchronizes Motion and Sound 人々がある商品のプレゼンテーションを行う際に,手でその物を持って行うことは一般的であり,人の興味を惹きつけ分かりやすい.そこで,話者の音声と動きを記録し再現するターンテーブル型のプレゼンテーションシステムSyncPresenterを開発した.今回のトークでは,SyncPresenterを中心に日常生活でコンテンツを記録/再生するためのシステムを紹介する. When people present some commodity, they often grasp it by hands. This clear action attracts audience. We developed turntable-type presentation system, SyncPresenter, that can record motion and sound synchronously. This talk introduces the SyncPresenter system and other record & presentation systems suited for daily use. Web: http://persistent.org/

    5
  • QS Tokyo Show&Tell #4 (Yahoo! Head Quarters in Roppongi)

    Yahoo! HQ in Roppongi

    Hi, sorry to keep everyone waiting!! We are announcing our fourth QS Tokyo Show & Tell meetup! We will be having three speakers this time. Two of the presentations will be in English, one in Japanse. Whatever language you use, we’ll be happy to share our thoughts. Please take a look at the short report about our previous meetings (http://qs-tokyo.com/?p=466) (in Japanese). Place: Yahoo Japan Head Quarters in Midtown Tower, Roppongi map (http://yahoo.jp/JBORIa) Since we will be meeting on a weekend, all participants will need to register in advance on our Meetup page. Please RSVP if you have not done so yet. The reception will be on the 2nd floor. Date: June1, 2013 (Sat) / 2pm to 4pm (Doors will open at 1pm and close at 5pm for networking with participants.) Speakers: 駒井 研司 / Kenji Komai MyStats発案者 / Creator of MyStats 駒井さんは、自己管理のためのiPhoneアプリ「MyStats」の発案者です。その「MyStats」を利用して、仕事の時間や起床時刻、メールの件数、腕立て伏せの回数、体重などといった様々な物事を記録されています。今回、それら記録をする上で、何をどのように記録し、それから何を得て、どのような価値があるか、をご紹介いただきます。 Kenji Komai is the creator of "MyStats", an iPhone app for self management. Kenji has been recording various activities using MyStats, such as working time, wake-up time, number of emails, number of push-ups, weight, etc. He will be sharing his experience and thoughts on how to record your activities, what he has learned from it and the value of it. 発表タイトル:僕はこうやって時間をQuantifyしています。 Title: How I Quantify My Time クリスチャン ルーミス / Christian Loomis An evaluation of the effects of blue light at different times of the day on sleep quality. Several methods are used to change blue light exposure, and a Zeo sleep meter is used to quantify the quality of sleep. Title: Blue Lights, Big Sleep 宮沢 てるみ / Terumi Miyazawa エニアグラムファシリテーター / Enneagram facilitator 宮沢さんは薬剤師として、薬に頼らない健康法を伝える活動をしながら、NPOにてエニアグラムファシリテーターとしてご活躍されております。知っているようで知らない自分。日常の何気無い言動の意味。人現関係で起きる問題点の何故、など、エニアグラムを使った自分探しの旅をご体験いただきます。 While Terumi works as a pharmacist, spreading a health management method not depending on medicines, she also works as an enneagram facilitator. Realizing not knowing yourself. The meaning of everyday behavior. Issues that arise between human relationship. She will take you on a journey of finding yourself. 発表タイトル: エニアグラムで素敵な自分に出会う! Title: Meeting yourself using Enneagram

    15