Tokyo Video Tech #2 UNTITLED

Tokyo Video Tech
Tokyo Video Tech
Public group
Location image of event venue

Details

【Theme/今回のテーマ】
オンラインビデオに関わるさまざまなトピックをカバーするUNTITLED。
1⃣ 視聴者のユーザー体験を向上させるマルチCDNへの取り組み。
2⃣ プラットフォーム開発で多くの人が直面するプロトコルの変更やパフォーマンスチューニングの課題解決。
3⃣ デバイスの差異を吸収し、効率よく配信できるフォーマットCMAFについて。
実現にあたりどのような課題があったのか?どう解決したのか?を実例とあわせて紹介します。

【Date and time/日時】
2月20日(水曜日) 18:15開場、18:30 - 20:30
株式会社Jストリーム会議室<東京都港区芝二丁目5-6 芝256スクエアビル6階>

【Speakers/話す人】
📗Opening remark by 林 岳里 (5min)
マクロメディア株式会社のテクニカルエバンジェリストとしてFlash Video普及に貢献、Adobe、IIJを経て、株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズのチーフエキスパート。制作から配信までストリーミング技術の幅広い経験を持つ。

📗Taipei Video Technology by Drake Guan (10min)
KKStreamのシニアテクニカルディレクター。ビデオストリーミング、データ解析、次世代機械学習を開発。台湾国立大学のコンピュータ科学と情報工学の博士号、修士号および学士号を取得。Tokyo Video Techのアライアンスパートナーである台湾のMeetup "Taipei Video Technology"のオーガナイザー。

📗映像配信におけるマルチCDNの活用 by 小林 剛 (20min)
株式会社テレビ朝日 IoTvセンター所属。主な業務として、動画配信ビジネスの全体戦略の構築/ネット同時配信に関する課題の整理/VR/AR、AI、ロボット等の先端技術を利活用したコンテンツビジネスの開発を担当。

📗肥大化するOVP、その課題と解決へのアプローチ by 西牟田 健太郎 (20min)
株式会社Jストリーム 配信事業統括本部に所属。Online Video Platform開発担当エンジニアとして、進化するテクノロジーと格闘する毎日を楽しんでいます。

📗動画配信の課題とCMAF活用のメリット・デメリット by 伊藤 正史 (20min)
株式会社フジテレビジョン技術局技術開発部に所属。フルスタックエンジニア。放送・通信連携、同時配信、視聴データ等の研究開発を担当。趣味はプログラミングと北海道。好きなものはシリアル制御、嫌いなものはパラレル制御。

📗Networking Time + Food & Beverage (provided by J-Stream) - 20:30

【Things to bring/持ち物】
📝Note pad or devices/ノートとペン、スマートフォンやタブレット等。

【Notice/注意】
📌今回のイベントは日本語にて行います。
📌参加費は無料、申し込みの無い状態では入場できませんので、事前に申し込みをお願いします。
📌オンラインにフォーカスしたビデオテクノロジーに関わる人たちに向けたイベントです。
📌リクルーティング、勧誘、採用などを目的とした参加はお断りしています。
📌飲食のみを目的としたご応募・ご来場はご遠慮ください。
📌スペースが限られているため、参加できない場合はキャンセルをお願いします。
📌参加者情報はTokyo Video TechのMeetupシステムで管理し、スポンサー等が他の用途で使うことはありません。
📌運営は参加者情報をイベントの実施運営のみに適切に利用し、他の用途では利用いたしません。
📌イベント開催時に運営スタッフがカメラ撮影させていただくことがございます。
📌撮影を希望されない方はその場でスタッフにその旨をお伝え下さい。
📌撮影した写真は Meetup ページで掲載させていただくことがございます。(個別に掲載のご連絡はいたしません)

【SPONSORS/提供】
🏢株式会社Jストリーム
🏢株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズ
🏢株式会社SPARROWS