What we're about

JTPAは日本人プロフェッショナルがシリコンバレーで働くのを支援するためのNPO法人です。

米国IRSより歳入法第501条(c)(3)にて科学発展や公共への利益のために設立/運営されていることを認定され、免税認定を受けています。シリコンバレーで働く日本人プロフェッショナルのネットワークを構築することに加え、日本にいる若手技術系の方々に対してシリコンバレーに関する啓蒙活動を行っています。

と言うほど固い組織ではなく、全て現地のボランティアにより運営されています。2002年から各種ネットワーキングイベントや技術/サイエンス系の講演会、日本の若者向けのシリコンバレーツアーなどを行なっています。

FAQ

・エンジニアじゃないと参加できないの?

イベントは現地企業に勤めるエンジニアや現地の学生向けが多いですが、もちろんビジネスマンや駐在の方の参加も大歓迎です。運営スタッフは随時募集中ですのでご興味のある方は是非ご連絡下さい。

・イベントへの参加の仕方

参加者の人数やお名前の管理、イベント後の資料や写真の共有のためなどにmeetup.comを利用しています。meetupにて、まずJTPAのグループにご参加頂き、その後該当するイベントに改めて参加登録を行って下さい。

・登録は本名でないといけないの?

普段のイベントではパロアルトの弁護士事務所のセミナールームを使用しています。この会場ではセキュリティのため参加者の名前を登録する必要があり、meetupで登録されたお名前を提出しています。そのためできるだけ本名あるいはそれに近いお名前での登録をお願い致します。またmeetupでの登録人数を目安に当日の会場の大きさや用意する食事の量を調整しています。できるだけ前々日までの登録を頂けると有難いです。

・当日は食事が出るの?

ピザや寿司ロールなどの軽食を用意しています。参加費はほぼ全て食事の用意に使っています。今まではニジヤや地元のピザ屋から調達していたのですが、2017年頃より会場の指定するケータリング業者を使うことになってしまっています。(もし他に使いやすい会場をご存知であれば是非ご連絡下さい)

・学生枠での参加について

学生の方にはできるだけ参加してネットワーキングをして頂きたいため、参加費を優遇しています。ただmeetup.comでは異なる条件の参加枠を設定できません。そのため、ご不便ですが学生の方はまずJTPAのミットーアップグループに参加して頂き、その後スタッフ宛に所属先の学校名とお名前を添えて参加希望とご連絡頂けますと幸いです。

・当日受付に自分の名前カードがない

参加者名簿の会場への送付はイベントの前日午前中までに行うことになっています。その後に参加登録された場合は名前カードの準備が間に合いません。当日受付でカードがない場合は正面の守衛さんにお名前を伝えてカードを作ってもらって下さい。ごく稀にスタッフやイベント責任者の立会いがないとカードを作ってもらえない時があるのでその場合はスタッフまでお声がけ下さい。

・当日不参加だった場合の参加費のrefundについて

refund requestはいつでも受け付けています。ただしmeetupにて当日の参加設定をNoにするだけでは自動的にはrefundされません。adminより所定の操作を行う必要があるので、お手数ですがスタッフまで一言refund希望の旨ご連絡頂けますと幸いです。

・スタッフへの連絡手段

meetup.comにて、各イベントの参加者名簿の中に organizer となっているメンバーがいると思います。そのメンバー宛にmeetupよりメッセージを下さい。

・次のイベントはいつ?

通常はイベント当日の2〜3週間前にML、本ブログ、Meetup、Facebookグループでの告知を行っています。

・満席なのですが参加できますか?
当日までまだ時間がある場合は、より大きな部屋に変えてもらったり追加の椅子を用意してもらうことで参加可能人数が増える可能性があります。ウェイトリストに追加して頂くか、あるいはスタッフまでお気軽にご連絡下さい。

Webサイト: http://jtpa.org/

Facebookページ: https://www.facebook.com/groups/25208215005/

Members (1,514)

Photos (1,086)